施設ご利用案内 User Guide 設備・利用料金

ホーム > 施設ご利用案内 > 利用料金
  • 大劇場 舞台設備
  • 大劇場・大劇場楽屋 使用料

よこすか芸術劇場[大劇場]沸き上がる拍手と歓声、最高の舞台機構を備えたオペラハウス仕様

本格オペラハウス仕様

平土間席を4層のバルコニー席が囲む馬蹄形の客席は、どこからも舞台が近く、拍手喝采にわく場内の一体感で、客席と舞台との交歓はひとしお高められることでしょう。また、音響面でも大変優れており、クオリティの高い鑑賞環境をお約束します。そして、オペラをはじめ、バレエ、コンサート、演劇、ミュージカルなどあらゆる舞台芸術の上演が可能な設備を整えています。

華やかなステージを支える舞台設備・機構

  • 走行式音響反射板が、コンサートホールとしても第一級の音響環境を可能にします。
  • スライド式完全3面舞台。本舞台と同じ大きさの脇舞台が左右にあり、ダイナミックな場面づくりとスピーディーな転換を行えます。
  • 吊物機構はコンピューター制御油圧駆動方式。ミリ単位の精度と滑らかさを誇ります。
  • オーケストラピットは大・小2分割方式。大編成では4管編成が可能です。

客席数

1,806席(収容2,000人)

  • 平土間(1~2階)
    862席
  • 2階バルコニー
    244席
  • 3階バルコニー
    196席
  • 4階バルコニー
    278席
  • 5階バルコニー
    226席
よこすか芸術劇場[大劇場]
よこすか芸術劇場[大劇場]

舞台設備

  • スライド式完全3面舞台(総面積約1,200㎡)
  • 本舞台
    間口18m×奥行19m×高さ13m
  • 上手脇舞台
    間口21m×奥行19m
  • 下手脇舞台
    間口21m×奥行19m
  • ポータル・ブリッジ
    間口14.5~21m 高さ0.3~13.5m
  • 大迫り
    2基=前、奥 ともに間口18m×奥行6m
    昇降速度 1.2~12m/min
  • 小迫り
    1基 大迫り(前)内 間口2.7m×奥行1.8m
    昇降速度 6.0~10m/min
  • スライディング・ステージ
    4基 各間口18m×奥行6m
    可変速4~40m/min
スライド式完全3面舞台
スライド式完全3面舞台
  • コンサート仕様 音響反射板 可動シェルター方式
  • オーケストラピット 2分割式
  • A(大編成)
    125㎡ 間口18m×奥行7.58m
  • B(小編成)
    71㎡ 間口18m×奥行4.73m
走行式音響反射板
走行式音響反射板
オーケストラピット
オーケストラピット
  • 吊物機構 コンピューター制御油圧駆動方式
  • バトン
    45本 可変速 1.2~72m/min 吊荷重600kg
  • 1点吊り
    4基 昇降速度 1.2~72m/min 位置設定自由
  • ライティング・ブリッジ
    4基+ホリゾント・ライト
  • どん帳 昇降速度 6~60m/min(最高速15秒)
  • オペラカーテン
    絞り上げ速度 12~120m/min(最高速7秒)
    昇降・開閉速度 6~60m/min
  • 暗転幕
    昇降速度 9~90m/min
どん帳「或る形像」作:中村光哉(染色工芸作家)
どん帳「或る形像」
作:中村光哉(染色工芸作家)
  • 調光卓 デジタル制御方式(シーンメモリー1000)
  • プリセット方式(450本×1段/150本×3段)
    負荷回路数 635
  • ライティング・ブリッジ
    4基 各40回路
  • ポータル・ブリッジ
    1基 53回路
  • フォロー・スポット
    キセノン3kw 4台、700w 2台
  • 音響調整卓
    入力48ch. Aux. 8ch. グループ出力12ch.
    マトリックス出力48ch. オートフェダー48ch.
  • 電力増幅器 40台
  • ワイヤレス・マイク装置  8ch.

場内残響 音響反射板使用時 2.3秒 音響反射板なし 1.7秒
楽屋 計13室(合計定員116人)
リハーサル室 面積/大:約300㎡ 小:約200㎡(天井高約6m)

大・小リハーサル室は大・小劇場それぞれの本舞台とほぼ同じ面積となっており、本番同様の練習・リハーサルが可能です。

ホワイエ
ホワイエ
リハーサル室
リハーサル室

図面など各種ダウンロード

  • 小劇場 舞台設備
  • 小劇場・小劇場楽屋 使用料

ヨコスカ・ベイサイド・ポケット[小劇場]客席とステージをひとつに結ぶコミュニティ空間

可動式の床で多彩な演出が可能に!

自由に舞台の設定が変えられる可動式の床を持ち、演目、演出によって、それに最もふさわしい舞台や客席の形を自由に設定できます。
通常の小劇場仕様(プロセニアム形式)、アリーナ仕様(客席が囲む中央舞台)、張り出し仕様(客席に舞台が張り出す)やステージなしの平土間などは、まさに親しみやすい先進的な空間。 クラシックをはじめとする室内楽コンサートに、可変ステージを生かした多彩な演出の演劇や演芸に、各種講演会、お稽古事の発表会として、観客が参加できるイベントの場として、ジャンルを超えた新しいパフォーマンスの場として、ご利用いただいています。

客席数

200~574席(収容850人)

  • 可動席
    374席
  • 固定席
    144席
  • バルコニー席
    56席

舞台設備

  • 可動床機構
  • 迫りA
    16m×4m 1基(±0~+75cm)
  • 迫りB
    4m×4m 4基(-75cm~+75cm)
  • 迫りC
    親迫り 4m×4m 4基(-75cm~±0)
    子迫り 1m×4m 16基(±0~+75cm)
プロセニアム仕様(袖幕あり)
プロセニアム仕様(袖幕あり)
張り出し仕様
張り出し仕様
アリーナ仕様
アリーナ仕様
平土間仕様
平土間仕様
  • バトン(割どん帳1、美術8、照明10) ロールスクリーン
調光卓
デジタル制御方式(シーンメモリー1000)
プリセット方式(240本×1段/80本×3段)
負荷回路数 166
フォロー・スポット キセノン1kw 2台
  • 音響調整卓 入力32ch.Aux.8ch. グループ出力12ch. マトリックス出力48ch.
  • 電力増幅器 20台
  • ワイヤレス・マイク装置 4ch.
  • プロジェクター(7,500ルーメン)

場内残響 平土間仕様 1.4秒 プロセニアム仕様 1.1秒
楽屋 計4室(合計定員30人)

楽屋
楽屋

図面など各種ダウンロード

  • 大小リハーサル室 設備
  • 大小リハーサル室 使用料

大小リハーサル室 設備

室内楽、オーケストラ、合唱、舞踊、ダンス、演劇等の練習にご利用いただけます。 大・小リハーサル室は大・小劇場それぞれの本舞台とほぼ同じ面積となっており、本番同様の練習・リハ—サルが可能です。

大リハーサル室 概要

  • 床面積
    約300㎡ (14.5m × 21.0m)
  • 天井高
    6m強
  • 壁面に鏡とバレエ用バー。ピアノ常備。シャワー室付設。

小リハーサル室 概要

  • 床面積
    約200㎡ (11.3m × 17.3m)
  • 天井高
    6m強
  • 壁面に鏡とバレエ用バー。ピアノ常備。シャワー室付設。