横須賀芸術劇場ー公演情報

横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ49
菊本和昭 トランペット・リサイタル
〜N響メンバーによる金管五重奏を迎えて〜

2017年1月15日(日) 15:00開演

ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

  • S席:3,600円
  • A席:2,600円
  • 友割あり
  • 学割あり
  • 託児サービスあり ※未就学児童は入場できません。

NHK交響楽団の首席トランペット奏者が贈るきらびやかな音色と金管楽器の世界

日本を代表するNHK交響楽団の首席トランペット奏者 菊本和昭。 トランペットの名曲ばかりをお聴きいただく贅沢なプログラムは、前半にトランペットの経験者なら誰もが知るクラークの超絶技巧やハイドンのコンチェルトを、後半はこの演奏会のためだけに結成された、N響奏者メンバーによる豪華金管五重奏団とともに現在急速に再評価されているドイツの作曲家ベーメの代表曲をお贈りします。また、当日ロビーでは、菊本モデルのトランペットの展示や、トランペットの体験コーナーを設け、音色の豊かなトランペットを存分にお楽しみいただきます。

菊本和昭トランペット・リサイタルチラシ

公演概要

■出演
ピアノ新居由佳梨
N響メンバーによる金管五重奏長谷川智之、山本英司(Tp)
木川博史(Hr)
新田幹男(Tb)
池田幸広(Tub)
■曲目
〜ソロ・トランペットとピアノによるコンサート〜
クラークヴェニスの謝肉祭による変奏曲
ハイドントランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.Vlle1
ビゼー(メンデス編) 歌劇『カルメン』よりジプシーの踊り
ビゼー(メンデス編) 歌劇『カルメン』よりハバネラ
プッチーニ(メンデス編) 歌劇『ラ・ボエーム』よりムゼッタのワルツ「私が町を歩けば」
〜N響金管奏者を迎えて〜
ブラント 演奏会用小品 第2番 変ホ長調 Op.12
エワルド 金管五重奏曲 第1番 Op.5
ベーメ 金管六重奏曲 Op.30

※曲目は変更になる場合があります。

■チケット発売開始

2016年10月4日(火)

■チケット取扱

横須賀芸術劇場

 インターネット

 電話予約センター 046-823-9999

 窓口  芸術劇場1階・サービスセンター内/
     横須賀中央駅西口モアーズシティ1階・モアーズストリート

チケットぴあ http://pia.jp/t/ [Pコード308-171]

イープラス    http://eplus.jp/

ローソンチケット http://l-tike.com/ [Lコード33370]

■お問合せ

横須賀芸術劇場 046-828-1602

■主催

公益財団法人横須賀芸術文化財団

■協賛

かながわ信用金庫

■協力

株式会社ヤマハミュージックジャパン

株式会社オクターヴ

神奈川県吹奏楽連盟 県南支部

出演者プロフィール

菊本和昭(トランペット) Kazuaki Kikumoto
菊本和昭

NHK交響楽団首席トランペット奏者。  1980年兵庫県生まれ。私立洛南高等学校を経て京都市立芸術大学首席卒業および同大学院首席修了。在学中にフライブルク音楽大学に交換留学。  2002年、日本トランペット協会設立20周年記念トランペット・コンクール、および第19回日本管打楽器コンクール第1位。2003年、第72回日本音楽コンクール第1位および増沢賞、E.ナカミチ賞、聴衆賞受賞。  2006年、第4回済州ブラスコンペティション第2位。2007年、第3回リエクサ国際トランペット・コンクール第3位。2008年、エルスワース・スミス国際トランペット・ソロ・コンペティション第2位およびChosen Vale賞受賞。同年、(財)ロームミュージックファンデーション奨学生として、また(財)青山財団の助成を受けカールスルーエ音楽大学に1年間留学。  2009年アメリカの“Chosen Vale 国際トランペットセミナー”においてリサイタルを開催。2010年にソロアルバム《奏鳴曲 Sonate》をリリースしたほか、2013年には岡本 哲(Tb)、佐竹裕介(Pf)と共に《グラントリオ》をリリース。  これまでに東京交響楽団、京都市交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団とソリストとして共演。その他、京都トランペットグル−プ「Summer Breeze」、きょうと金管五重奏団、ジャパンブラスコレクション、いずみシンフォニエッタ大阪の各メンバーとして活動中。2004年より約7年間京都市交響楽団に在籍し、2012年よりNHK交響楽団首席トランペット奏者に就任して現在に至る。  平成18年度青山音楽賞新人賞、第31回神戸灘ライオンズクラブ音楽賞、平成19年度坂井時忠音楽賞、第12回松方ホール音楽賞(金管楽器部門)、平成24年度兵庫県芸術奨励賞、平成24年度京都芸術新人賞を受賞。  トランペットを早坂宏明、有馬純昭、A.プログ、E.アントニー、R.フリードリヒ、Dr.E.H.タール、K.ブレーカー、L.ヴコブラトヴィッチに師事。また、室内楽を呉信一に師事。  西宮音楽協会会員。関西トランペット協会理事。ドルチェ・ミュージックアカデミー講師。洗足学園音楽大学准教授、東京藝術大学非常勤講師。

新居由佳梨(ピアノ) Yukari Arai(Piano)
新居由佳梨

東京藝術大学、同大学院、スイス国立ジュネーヴ音楽院修了。第7回イタリア・モノポリ国際ピアノコンクール第3位ほか上位入賞多数。ヨーロッパでのピアノフェスティバルやリサイタルシリーズ、スタインウェイ・ジャパン社によるYoung Virtuoso Series、シャネル(株)「Pygmalion Days」シリ−ズ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンなど多くの演奏会に出演中。CD「メランコリー」「透明な風〜ラヴェル名曲集」リリース。 伝説のバイオリニスト、イダ・ヘンデルとの共演をはじめ、著名な演奏家との共演や録音も多い。日本音楽コンクール・バイオリン部門にて共演賞を2度受賞。東京藝大伴奏助手を6年間務め、洗足学園音楽大学非常勤講師。 スタインウェイ・アーティスト。

長谷川智之(トランペット) Tomoyuki Hasegawa(Trumpet)
長谷川智之

1980年北海道函館市生まれ。 東京藝術大学音楽学部卒業。これまでにトランペットを杉木峯夫、松田次史、関山幸弘の各氏に師事。第22回日本管打楽器コンクール第2位、第75回日本音楽コンクール第1位および岩谷賞(聴衆賞)受賞。NHK-FM名曲リサイタルに出演。ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団とハイドン作曲トランペット協奏曲、トマジ作曲トランペット協奏曲を共演。 東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者を経て、2016年2月よりNHK交響楽団契約団員。洗足学園音楽大学客員教授。

山本英司(トランペット) Eiji Yamamoto(Trumpet)
山本英司

静岡県出身。1999年東京芸術大学音楽学部卒業。卒業時に、同声会主催新人演奏会に出演。2000年、日本音楽コンクールトランペット部門入選。これまでにトランペットを北村源三氏に、室内楽を稲川栄一氏に師事。また、マスタークラスにおいて、元ウィーン・フィル首席奏者ハンス・ガンシュ、ウィーン・フィル首席奏者ハンス・ペーター・シュー、メトロポリタン歌劇場管弦楽団首席奏者マーク・グールドの各氏に師事。2004年から9年間、読売日本交響楽団に在籍。現在、NHK交響楽団トランペット奏者。室内オーケストラ「ARCUS」メンバー。尚美ミュージックカレッジ専門学校講師、日本トランペット協会常任理事。

木川博史(ホルン) Hiroshi Kigawa(Horn)
木川博史

第20回日本管打楽器コンクール ホルン部門1位及び大賞受賞。第39回マルクノイキルヒェン国際コンクールにおいてディプロマを受賞。 ソリストとして東京交響楽団、新日本フィル、神奈川フィル、日本センチュリー交響楽団等と共演する。これまでに、サイトウ・キネン・フェスティバル、小澤征爾音楽塾、PMF等に参加。 東京音楽大学付属高等学校、同大学を卒業。水野信行、冨成裕一、岡本充代の各氏に師事。ベルリン芸術大学にてC.F.ダルマンに師事。2013年大阪市より「咲くやこの花賞」を受賞。日本センチュリー交響楽団を経て、2015年9月よりNHK交響楽団団員。

新田幹男(トロンボーン) Mikio Nitta(Trombone)
新田幹男

大阪音楽大学卒業。トロンボーンを呉 信一氏、Nitzan Harozに師事。室内楽をDaniel Doyonに師事。 オーケストラプレーヤーとして、仙台フィルハーモニー管弦楽団第1奏者、 読売日本交響楽団を経て、現在、NHK交響楽団首席トロンボーン奏者。 洗足学園音楽大学客員教授、東京音楽大学、日本大学芸術学部、 尚美ディプロマ、桐朋オーケストラアカデミー、各講師。トート音楽院主任講師。 ハイブリッド トロンボーン四重奏団、Trio Diesel各メンバー。

池田幸広(チューバ) Yukihiro Ikeda(Tuba)
池田幸広

静岡県出身。国立音楽大学在学中の1995年、日本管打楽器コンクール第3位。1998年、大学卒業と同時に大阪市音楽団入団。同年、日本管打楽器コンクール第1位受賞。1999年、栃木県主催「コンセール・マロニエ21」金管部門にて優秀賞受賞。2000年、マルクノイキルヒェン国際コンクール第4位及び審査員特別賞を受賞。2005年よりNHK交響楽団に在籍中。 これまでに稲川榮一、江川秀樹の両氏に師事。東京藝術大学、国立音楽大学、上野学園音楽大学の各非常勤講師。トウキョウ・ブラス・シンフォニー、ブラス・ヘキサゴン、なぎさブラスゾリステン、N−crafts、ジャパン・チューバ・ソロイスツの各メンバー。日本ユーフォニアム・チューバ協会理事。