横須賀芸術劇場ー公演情報

NHK交響楽団 横須賀公演

2017年6月3日(土) 16:00開演

よこすか芸術劇場

  • S席:7,000円
  • A席:6,000円
  • B席:5,000円
  • 学割あり
  • 友割あり
  • 託児サービスあり ※未就学児童は入場できません

チケット購入

ロシアが生んだ天才作曲家3人の名作で綴る珠玉のオールロシア・プログラム

日本を代表するオーケストラの横須賀公演が決定しました。

指揮には、的確な棒さばきと音楽に対する誠実な姿勢が好評の梅田俊明、そして、人気・実力ともに日本を代表するピアニスト 小山実稚恵を迎え、ロシアを代表する作曲家による名曲をお贈りします。

魅力溢れる出演者とプログラムの組み合わせ、ぜひご期待ください。

*音楽ライター 高坂はる香が語る「一流の演奏家集団の手腕を、美旋律溢れるロシア音楽で堪能したい」

*鑑賞モニター「横芸キテミテ」募集 *5月27日(土)締め切り

NHK交響楽団

公演概要

■指揮

梅田俊明

■ピアノ

小山実稚恵

■曲目
チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
チャイコフスキー ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
ボロディン 交響詩「中央アジアの草原で」
ストラヴィンスキー バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)

※曲目は変更になる場合があります。

■チケット発売開始

2017年1月15日(日)

■チケット取扱

横須賀芸術劇場

 インターネット
 電話予約センター 046-823-9999
 窓口  芸術劇場1階・サービスセンター内/
     横須賀中央駅西口モアーズシティ1階・モアーズストリート

チケットぴあ [Pコード315-849]
 http://pia.jp/
 0570-02-9999

イープラス
 http://eplus.jp/

ローソンチケット [Lコード31659]
 http://l-tike.com/
 0570-084-003

神奈川芸術協会
 045-453-5080

■お問合せ

横須賀芸術劇場 046-828-1602

■主催

公益財団法人横須賀芸術文化財団

■協賛

エイビイ

出演者プロフィール

梅田俊明(指揮) Toshiaki Umeda(Conductor)
梅田俊明

東京に生まれる。5歳よりピアノを始め、井上直幸、新井精氏等に学ぶ。1984年桐朋学園大学音楽学部を卒業。86年同研究科を修了。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、コントラバスを小野崎充、ピアノと室内楽を三善晃の各氏に師事する。83、84年には来日中のジャン・フルネ氏にも学んだ。86年よりウィーン国立音楽大学指揮科に留学、オトマール・スイトナー氏に師事し、研鑚を積んだ。帰国後、89年12月より92年4月まで日本センチュリー交響楽団指揮者を務めた。90年4月より仙台フィルハーモニー管弦楽団指揮者に就任。92年4月より96年3月まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団の指揮者の任も果たした。2000年4月より仙台フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任。オーケストラの発展に情熱を注ぎ込み、2006年3月までその任を務めた。客演としては、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニーを始め、国内主要オーケストラと長年にわたり共演を重ねている。2001年第1回、及び2004年第2回仙台国際コンクール(いずれもヴァイオリン、ピアノの2部門で開催)では、全ての協奏曲を指揮し、出場者、聴衆、国内外の審査員から絶賛を博した。06年には大ブームとなったドラマ「のだめカンタービレ」に、演奏及び指揮指導で参加し注目を集めた他、レコーディングにも参加。国内だけではなく、96年1月には南西ドイツ・フィルハーモニーとスロヴァキア・フィルハーモニーの定期演奏会に出演、いずれも好評を博した。的確な棒さばきと音楽に対する誠実な姿勢でオーケストラからの信頼も厚い。また桐朋学園大学、東京藝術大学非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

小山実稚恵(ピアノ) Michie Koyama(Piano)
小山実稚恵

人気・実力ともに日本を代表するピアニスト。チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールの二大コンクールに入賞以来、今日に至るまで、コンチェルト、リサイタル、室内楽と、常に第一線で活躍し続けている。
Bunkamuraオーチャードホールにて行われている春・秋年2回、2006年〜2017年の壮大なプロジェクト"12年間・24回リサイタル・シリーズ"は、現在全国6都市(東京、大阪、札幌、仙台、名古屋、福岡)において進行中。
2015年にはデビュー30周年を迎えた。
これまでに国内の主要オーケストラはもとより、モスクワ放送響(現・チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ)、ベルリン響、ロイヤル・フィル、BBC響、イギリス室内管、アカデミー室内管、ロッテルダム・フィル、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ワルシャワ・フィル、モントリオール響、ボルティモア響などと共演しており、フェドセーエフ、テミルカーノフ、デュトワ、マリナー、小澤征爾といった国際的指揮者との共演も数多い。
また、ショパン生誕200年にあたる2010年のショパン国際ピアノコンクールを始め、チャイコフスキー、ロン=ティボー、ミュンヘンなどのコンクールでは審査員を務める。
2011年の東日本大震災以降、被災地の学校や公共施設等で演奏を行っており、2015年夏より被災地活動の一環として自ら企画立案し、ゼネラル・プロデューサーを務めるプロジェクト『こどもの夢ひろば "ボレロ"』が、仙台においてスタートした。
CDは、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと専属契約を結ぶ。
最新CDは、28枚目の『シューベルト:即興曲集』で、前作『ヴォカリーズ』、『シャコンヌ』に続き、3作連続で「レコード芸術」の特選盤に選ばれる。
これまで、2005年度 文化庁芸術祭音楽部門大賞、2013年度 東燃ゼネラル音楽賞洋楽部門本賞ならびにレコード・アカデミー賞(器楽曲部門『シャコンヌ』)、
2015年 NHK交響楽団「有馬賞」、2015年度 文化庁芸術祭音楽部門優秀賞ならびに第28回ミュージック・ペンクラブ音楽賞を受賞している。

東京藝術大学、同大学院修了。吉田見知子、田村宏両氏に師事。
NHK交響楽団 NHK Symphony Orchestra, Tokyo

NHK交響楽団の歴史は、1926年10月5日にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団に遡る。その後、日本交響楽団の名称を経て、1951年に日本放送協会(NHK)の支援を受けることとなり、NHK交響楽団と改称。この間、ドイツからジョセフ・ローゼンストックを専任指揮者として迎え、日本を代表するオーケストラとしての基礎を築いた。演奏活動の根幹となる定期公演は1927年2月20日の第1回予約演奏会に始まり、第2次大戦中も中断することなく続けられた。以来、今日に至るまで、ヘルベルト・フォン・カラヤン、エルネスト・アンセルメ、ヨーゼフ・カイルベルト、ロヴロ・フォン・マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘、また、話題のソリストたちと共演し、歴史的名演を残している。2016年、創立90周年を迎えた。

近年NHK交響楽団は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地で約120回のコンサートを開き、その演奏は、NHKのテレビ、FM放送で日本全国に放送されるとともに、国際放送を通じて欧米やアジアにも紹介されている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演するなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。

現在N響が擁する指揮者陣は、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、名誉客演指揮者アンドレ・プレヴィン、正指揮者 外山雄三、尾高忠明。